木製玄関ドアのお手入れQ&A 小さな傷のお手入れ・タッチアップ編

Sさま

入居後8年が経ちます。ときどき拭き掃除をしているのですが、塗装はしたことがありません。
傷が増えてきたので、目立たなくなる方法があれば教えていただきたいです。

今回ご紹介するのは、ご入居から8年の木製玄関ドアです。

 

木製玄関ドアの状態確認

雨がかりや直射日光の影響をほとんど受けない、木製玄関ドアにとって理想的な設置条件です。
定期的に拭き掃除でお手入れされているとのことで、とても綺麗な状態が保たれています。

扉の下部の方まで、木のツヤが保たれています。

経年変化の進み具合は、屋外側と屋内側を比較するとよく分かります。
今回の木製玄関ドアは内外でほとんど違いがなく、経年変化が非常に緩やかであることが分かります。

ドアハンドルの周囲に、小さな傷があります。玄関ドアを開閉する際に、爪などが当たってできる傷です。

 

今回のお手入れ方法 タッチアップ

YUDAアイコン
ユダ木工

扉の状態が非常に綺麗なため、扉全体を再塗装するのはもったいないです。
また、板一枚だけを再塗装すると、そこだけ色の違いが目立ってしまいます。
今回は、傷の部分だけを着色する「タッチアップ」でのお手入れをおすすめいたします。
傷の位置は多少分かりますが、目立たなくなります。

【手順】
1. 塗料が周囲につかないように養生する。
2. 傷の上に小筆で塗料を少量付け、すぐに布で押さえて余分な塗料を取る。
  ご注意:塗料を付けたまま長時間置くと、色が濃く付き過ぎたり、塗料が固まることがあります。

※ お手入れの際は、付属のメンテナンスガイドを必ずご確認ください

▲ 再塗装後

 

永く愛用

タッチアップを終えて、今後のお手入れについて詳しくご質問してくださいました。

▲ お引渡し時にカギと一緒にお渡ししているユーザーサービスキット。お手入れ用品一式とメンテナンスガイドが入っています。

とても大切にご愛用いただいていることがよく分かる木製玄関ドアでした。